スカイライン-征服- (映画)

POINT:- 強いのか弱いのか?
あらすじ:
友人を訪ねてロスに来たジャレットは朝4時に振動と不思議な光で目を覚ます。強烈な光に人々が吸い込まれた後、巨大な宇宙船が姿を現す。
監督:コリン・ストラウス、グレッグ・ストラウス キャスト:エリック・バルフォー、デヴィッド・ザヤス、ドナルド・フェイソン
スカイライン-征服-公式
予算を考えてもCGのクオリティはなかなか素晴らしいものがある、しかしそれだけというか。確かに宇宙人はうまくできてはいるんだが、特にこれといって映画的に新しいものもない。そして宇宙人超強そうなのにあっさり殴って倒されるとか強いのか弱いのか不明ですがな。本作はひたすら一人視点でウロウロ行ったり来たりするだけで、登場人物が状況分析したり反撃方法を考えたりといったアクションもなく外部からの情報提供もないのでなんだか飽きる。確かに登場人物の視点にこだわったのかもしれないが、それにしては登場人物のエピソードが希薄(せめて人間側の反撃くらいクローズして見れば盛り上がりそうな。そして唐突にto be continued・・・。全体的にしまりがない映画だなぁ、でもAVP2の監督ならこんなものかというあきらめる。ところで冒頭4時でその後前日の話に戻ったんだが何か意味があったんだろうか?全く同じようなシーンを無駄に繰り返しただけのような気がするけど。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索