ステキな金縛り (映画)

POINT:★★ 小日向文世が光る。
あらすじ:
失敗につぐ失敗で、宝生エミが弁護士としてこれが最後と通告された事件はある殺人事件だった。被告人である日野勉は殺人のあった時間、しかばね荘で金縛りにあっていたと言う。他にアリバイを証明するものもなく、証言を聞きにエミはしかばね荘に向かうのだった。
監督:三谷幸喜 キャスト:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、草剛、中井貴一
ステキな金縛り公式
どことなく落武者の話だと思っていたのですが、落武者は1キャラに過ぎず様々なおかしげなキャラがてんやわんやしている作品だった。そしていつもの舞台っぽさが案外なりを潜めているのは、キャラが自由に移動して普通にお外でロケが行われているからだろう。しかし監督の持ち味は小さな舞台での小回りでこそ発揮される気がしてならないなぁ、舞台が広がった分小道具の配置の妙が薄くなった(散漫になった)気がしてならない。wizardryに屋外が必要か、的な。そして個性的な登場人物がいまいちその個性を発揮し切れてなかった気もしなくはない。登場する人物はそれぞれ面白いのだけど、イマイチ主張が薄いというか一貫するものが少ないというかどことなく場当たり的な印象がある。ただウィットが利いてる部分も多く、それなりに感動を取り交ぜて作られているので気楽なコメディとしては面白いと思う。どちらかというと小ネタではなくストーリーとしての捻り上げるような盛り上げを期待していたのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索