第31回 損保ジャパン美術財団 選抜奨励展 FINAL (美術展)

にいってきました。
日展とか奨励展とかもたまにいくんですが、こういう展示って個展ではなくて色々な作品が展示されているのでパラパラ色々な絵を見るのにはとても面白い感じ。個人的には樋口朋之さんの作品が一番好きなんですが、系統的にはポロック的な作品?なのでどこがどう好きとかは言い難い所。他にはババァゾーンな感じの白藤さえ子さんの作品や、関智生さんの作品とか。なんか最近抽象的なのが好きなのかもしれない。他にもリアルめな女の子や廃墟や色々なテーマの絵があって面白い。Finalなのは来年から名前が変わるかららしいです。

2011122800.jpg本年は、平面作品部門と隔年毎開催の立体作品部門を同時展示いたします。平面作品部門は、2011年8月までの過去1年間の公募美術団体展における「財団奨励賞」受賞作品(または新作)と推薦委員により推薦された作品(または近作)を、立体作品部門は、2011年8月までの過去2年間の公募美術団体展における「財団奨励賞」受賞者の新作(または近作)を展示いたします。
【会期】2012年3月3日(土)~2012年4月1日(日)
【会場】国立西洋美術館
第31回 損保ジャパン美術財団 選抜奨励展 FINAL展
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索