座頭市血笑旅 (gyao) 1964年

POINT:- なんかテンプレ。
座頭市血笑旅 [DVD]座頭市血笑旅 [DVD]
あらすじ:
市に間違えられて道中の赤子連れの女がやくざ者に切り殺される。市は責任を感じてその女の赤子を親元に届けることにする。
監督:三隅研次 キャスト:勝新太郎、高千穂ひづる、金子信雄、加藤嘉
商品詳細を見る

勝新による勝新のための映画。というか勝新が市にはまり役すぎてコメントのしようもないんですが、面白さというと普通かなぁ。流石にシリーズ8作目ともなるとヌルヌルというかテンプレ化が進むのはやむを得ないとは思うんですが、うん、やっぱ普通だ。さて多分今作のポイントは赤ん坊を抱えて困ってる市を旅の女スリお香が世話をしているうちに情がうつるところではないかとは思うんですが、個人的には1作目の殺伐とした空気が好きなので、やはり作が進むにつれて人情的なドラマに移行していっている過程はちょっと残念な気もする。雰囲気は水戸黄門とかそんな感じかもしれない。とはいえ殺陣はやっぱり今からみても素晴らしく、普通の人情劇と対比してみると時代劇としてはバランスがいいのかもしれない。でも個人的にはやっぱ殺伐としたほうが好き。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索