ダーク・シャドウ(映画)

POINT:- 予告編が悪い。
あらすじ:
17世紀、バーナバスはアメリカに渡り大成功したが、最愛の人を見つけてたので付合っていたメイドのアンジェリークをあっさり捨てた。しかし実はアンジェリークは魔女で、バーナバスを呪い彼を吸血鬼にした上に棺桶に突っ込んで埋めてしまう。そして200年ほどたち、バーナバスの入った棺桶が道路工事で発見される。
監督:ティム・バートン  キャスト:ジョニー・デップ、エヴァ・グリーン、ヘレナ・ボナム=カーター、ミシェル・ファイファー
ダーク・シャドウ公式
ティムバートンでジョニーデップ的なCMがわんさか流れてて、なんかいつも通りか的食傷気分だったのですが、それほどカラーが強くはなかった。ファン釣りにしてもあのCMはやり過ぎ過ぎて却って悪影響だと思う(というかあんまり期待しないでいった分面白く感じたのかも。逆にCMの雰囲気を期待して見に行ってもイマイチだろうしどちらにしろCMで失敗している。さてストーリーは割とファンタジー的で、単発的に笑えるネタがちりばめられていた。ラストになればなるほど愉快にファンタジー色が強くご都合主義的になっては行くのだが、結局方向性が行き当たりばったり(ご都合主義だなぁ)なので終わりはすっきりはしているもののあまり印象に残る要素はない。時代は70年代なので懐メロで溢れていたりするのだけど、小物には凝っていたもののこれが懐古的だとかのいい方向に生きていたわけではないしやはり色々と半端感(恐らく原作が70年代なのでそういう設定なんだろうけど活きてない感じ)。登場人物のキャラは立ってたが主役級以外生かせる場面が少なかったのも少し残念か。元ネタはテレビドラマらしいのであまり期待せずに見に行くのが吉。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索