つみきのいえ (DVD) 2008年

POINT:- 短編です。
つみきのいえ (pieces of love Vol.1) [DVD]つみきのいえ (pieces of love Vol.1) [DVD]
あらすじ:
じいさんは水位があがるたびに家を建て増ししてすんでいた。ある日また水位が上がってきたので増築を頼む。しかし引っ越しの途中で、水に沈んだ階下にパイプを落としてしまった。
監督:加藤久仁生
つみきのいえ公式
商品詳細を見る

童話既読。全体で10分ちょいの映画なんですが、淡いタッチの画調にしみじみとしたじいさんの動きがどことなくほのぼのする。でも雰囲気的には童話(本)のほうが緩急効いてて好きかも。映画版はなんかあまり思い出してる感じがしないし、のっぺりとした印象です。ナレーションなしのでみたのですが、ナレーションありのほうも見ればよかったかもと少し残念。さてじいさんが床下の扉をあけて昔住んでた家を探すという話ですが、過去に戻る過程が扉を一つくぐるだけという感じで非常にあっさりしたところが好印象なものの、どうもテーマがわかるような、あんまりわかりたくないようなそんな微妙な気分です。見る人によって感想が多少違うとは思うんですが、個人的には途中で出てきた街を去って行くらしき待ち人の画像が妙に感慨深かった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索