エレファント・マン (DVD) 1980年

POINT:★ 意外とキュート。
エレファント・マン 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]エレファント・マン 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
あらすじ:
ジョン・メリックは病気による畸形で、エレファントマンとして見世物にされていた。医師フレデリックは彼を研究しようと病院に引き取る。
監督:デヴィッド・リンチ キャスト:ジョン・ハート、アンソニー・ホプキンス、アン・バンクロフト、ウェンディ・ヒラー
商品詳細を見る

どことなくサイコホラーのようなイメージがある作品だけど、普通の感動系のドラマ作品である。演技の光る映画で、エレファントマンであるジョンの声や仕草等がなかなかに奥ゆかしく、これまでの酷い扱いがしのばれる素晴らしい演技だった。そして周りの人の好奇の目線や医長の態度も上手く、女たちが盛大にキモがっている部分もなかなかいい。ただもう一人の主人公であるフレデリック医師については、その葛藤等のパートが薄い点でちょっと残念な気がする(でも好演してる、がやっぱホプキンスは殺人鬼のがいい。この映画のもっとも面白いところは、エレファントマンを醜い(=自分達と同じではない)ものとして描いている点だ(畸形といっても最近のクリーチャーモノを見慣れてるせいなのか、頭のこぶがハートマークにみえるくらいで特に畸形に感じなかった点でちょっと見方を誤った気がしないではない。)。だからこそ女は叫びまくるし男も眉をひそめつつも一目見ようと近寄ってくる。この最初の醜いものであるという視点がその後のジョンの行動の人間味を際立たせてる要因である。実話ベースなんですが、そもそも実話のジョンは見世物興行で儲かってたのに人権愛護団体の運動やらで食えなくなって、結局フレデリックの元を訪れているという部分でなんだか現実も世知辛いものであるよね。そう考えると人権団体の「可哀そう」っていうのも「醜い」と同じ偏見に変わりない。ともあれ婦長が強くてよかった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索