コロンビアーナ (映画)

POINT:- 足がきれい。
あらすじ:
ある朝、マフィアのボスだった両親が目の前で敵対マフィアに殺される。カトレアは復讐を誓ってアメリカに渡り、15年後、名の知れた暗殺者として敵を追っていた。
監督:オリヴィエ・メガトン キャスト:ゾーイ・サルダナ、ジョルディ・モリャ、レニー・ジェームズ
コロンビアーナ公式
ストーリーは違うんですが、どことなくレオンっぽいイメージだと思ったらリュック・ベッソン脚本なのか。すらっとした長駆から繰り出される蹴りを始めスマートなアクションが溢れている。裸足も妙に色気があるし体のパーツが綺麗だしアクションもかっこいい。さて、カトレアは暗殺に励んでいるんですが、手際が良すぎて安定感がパないのでハラハラもドキドキもあんまりしないところが少し残念だ。最初の復讐云々の話は案外深いのだけど、それなら最初から一直線に狙えばいいじゃんとか色々突っ込みどころが多い感じ。そもそもかっこいい個別のシーン完成度重視っぽいので、ストーリーのまとまりにイマイチ欠ける。一番残念なのがカトレアの生長すっ飛ばしていきなり暗殺者になってるところで、色々青春の葛藤とか鍛錬シーンとか色々ほしいなぁ。ただまあアクション映画としては悪くないんだけど。とりあえず美脚は印象深いが他に目新しいシーンもないのであまり印象には残らないかもしれない。消費系の映画。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索