009 RE:CYBORG 3D (映画)

POINT:★☆ ジェット脱ぎすぎ加点。
あらすじ:
世界で連続して超高層ビルが爆破されていた。実行犯に共通点はないと思われていたが、どうやら『彼の声』に従ってテロを行なっているらしい。この危機に00ナンバーが招集されるが、009も『彼の声』を聞いていた。
監督:神山健治
009 RE:CYBORG公式
原作をちょこちょこつまみ食いをして広げた風呂敷をたたまなかった感じ。しかも風呂敷の広げ方が最近よくあるというか、あーうん、甲殻によくありそうなネタと終わらせ方だよねっていう気もするけども、まあ神山監督だからある程度は想定内である。なんというか薄っぺらい。それにしてもこんなもやもやに終わらせるならすっぱり悪の組織とかテロリストとかシンプルな敵を作った方が面白そうだけど。さて、ストーリーはそんな感じでなんだそりゃ展開ですが、CGはなかなか面白い部分も多かった。中でも009の加速装置や002の飛行とか、そのへんの表現は力はいってよかった。そしてオブジェクトの種類ごとにセルシェーディングの設定かえてるのかなかなか興味深い感じ。ただそこまで目新しいかというとそこまでではなく。キャラデザについても大分かわってて、とくにジェット誰だよっていう感じでイケメンになってましたが、ジェロニモとかはいい感じになってた気はする。決めポーズ的なものもきまってた。ただストーリーにあまり絡まないからってグレートとピュンマを早々にいなかったことにするのってどうなのかなぁ。えっと派手な爆発とかがデフォになるとアルベルトって地味ですね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索