ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (映画)

POINT:- ラドクリフおっさんくさい。
あらすじ:
アーサーは妻を亡くして弁護士家業にも身が入らなくなっていた。そこへ舞い込んだ遺産相続に関する依頼。幼い息子をおいて、アーサーは片田舎の古い洋館へ向かうのだった。
監督:ジェームズ・ワトキンス キャスト:ダニエル・ラドクリフ、キアラン・ハインズ、ジャネット・マクティア、ロジャー・アラム
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館公式
ゴシックホラーの雰囲気は良く出ていたのですが、いかんせんホラー部分が直線的過ぎる。勿論グロを求めているわけではないのだけど、窓に不審な女が映る、という直球表現で、しかも顔が解る。映像が綺麗な分、ミステリアスさがなく、せめてこういうのってぼんやりさせるべきじゃないのかなぁ。そもそも知らない女なのに顔が解っても別に怖くもないし、しかも顔が丸見えだからこそ怖くない。だいたいでかい音で怖がらせる系で、ただ窓に女の影が映ったからってドギュゥゥゥーンとかいう効果音いれても怖くない。全体的に”何を怖がらせようとしているのか”がイマイチ明確じゃない気がする。また、ラドクリフも主人公の苦しみやらを描くには坊ちゃん坊ちゃんしてたなぁ。全体的に上手く作れば面白そうな話ではあるものの、如何せん古典的な話をのっぺり効果音ホラー系でやったためにどうも印象の残らないものになった感じ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索