フリークス (DVD) 1932年

POINT:★ 案外普通のストーリー。
フリークス [DVD]フリークス [DVD]
あらすじ:
小人のハンスは優しくしてくれる空中ブランコのクレオパトラに恋をする。ハンスの恋人だったフリーダはクレオパトラにハンスが莫大な遺産を得たと告げる。
監督:トッド・ブラウニング キャスト:ウォーレス・フォード、ロスコー・エイツ、オルガ・バクラノヴァ
商品詳細を見る

劇場公開時は怪物團という名前で、奇形ばかりを集めた稀代のカルト映画として名高い作品です。でも見てみると普通の愛憎劇で、たまたま登場人物が奇形なだけで、奇形といっても普通に暮らしたり喧嘩したりしている。こういうのを見ていると奇形⇒かわいそう⇒保護っていうのも自立を奪ってるだけな気がするし、これ以降奇形サーカス排斥の運動があって職を失った奇形の方がたくさん飢え死んだというのもなかなか悩ましい話だ。ジョニーエックをみてもとてもスマートな人物で、他の登場人物もクレオパトラとハンスの暮らしを見張ったりする中で、小さい人達は隠れるのに便利だし、芋虫王子もかっこいいし、寧ろ特殊技能とも思える。奇形とひとくくりにして障害者扱いするのは失礼だし個性を廃したクラスアクションというか、盲目的な保護はある意味差別なんじゃなかろうか。そんなこんなでストーリー自体はとりたててホラーではないし奇形をあげつらったような映画でもなく(馬車の下を這っているあたりは確かにフリークスな感じはあるが)、普通のストーリーでした。一番印象深いのは仲間だといわれたときのクレオパトラの表情で、これがこの映画の一番の肝かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索