ニンゲン合格 (DVD) 1999年

POINT:- なんか空虚だ。
ニンゲン合格 [DVD]ニンゲン合格 [DVD]
あらすじ:
豊は小学生で事故にあい、10年たって病院で目が覚めた。なんとなくやる気がでずgdgd暮らし、父親の友人の藤森のところで暮らすようになる。
監督:黒沢清 キャスト:西島秀俊、菅田俊、りりィ、麻生久美子、哀川翔、役所広司
商品詳細を見る

役所広司のグダっとした感じがなんだか素敵だし全体的な独特な空気はかなり好みなんだけど、後半になるにつれてどんどん先細りになってく感じ胃がキリキリしてなんか苦手である。こういうパッと見雰囲気は全然暗くないのにお先真っ暗っていうのが雰囲気が明るいだけに心に刺さる感じ。そして益々痛々しいのは登場人物で、言外に出さないけど終焉をなんとなく感じてる感が痛々しさを際立たせる。でもこういうのを見るとなんとなく自分が資本主義に毒されてる気がしてきた。個人的には凄く苦手な映画ではあるんですが、確かにこのモノに執着しないテイストは新しいかもしれない(だが裏打ちとなってる絶望的な感じは苦手だ)。映画の中で一番印象的だったのは人間関係で、登場人物が物凄く個人主義な点で、主人公を取り巻く家族は当初からバラバラになってるし親が子供を他人扱いしてる点も不思議な雰囲気を醸し出していて、現代社会って突き詰めるとこんな鏡像なんだなぁと思うところです。哀川翔と役所広司がいい味だしてた。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索