エアベンダー (DVD) 2010年

POINT:- うーんワイヤーアクション。
エアベンダー スペシャル・エディション [DVD]エアベンダー スペシャル・エディション [DVD]
あらすじ:
気、水、土、火の4つの王国があり、アンは気の王国の生き残りだった。火の王国は他のすべての国を滅ぼそうとしており、アンはこれを防ぐために気を操るエアベンダーとなる必要があった。
監督:M・ナイト・シャマラン キャスト:デヴ・パテル、ノア・リンガー、ジャクソン・ラスボーン、ショーン・トーブ、クリフ・カーティス、アーシフ・マンドヴィ
商品詳細を見る

光弾飛ばすとか気を操るとかストーリー的には子供向けだとは思うんだけど、登場人物が妙にシリアスというか切羽詰まってる感じのシリアス路線でゆとりがない。たぶんそう感じるのは展開が早すぎるというか話がブツブツ飛び気味だからだと思う。さらに話が飛び気味なのに個々のシーンに妙に間延びしたワイヤーアクション(派手ではあるけれども)が展開してて、なんか疲れる。アクション入れるにしてももう少しストーリーを進めようよというか、アクションシーンとストーリーの関連をあまり感じられず、やっぱりぶつ切れてる感じで感慨がない。そして火とか気とかあるけど全部太極拳な気がする点で4つの国の差異があんまりよくわからず、ぶっちゃけ主人公少年に共感も難しそうな。よく見ると妙に第三者視点的なセリフが多いのでわざとなんだろうか?結局子供向けとしてもあんまりワクワクしないし大人向けとしては話がチープすぎる気がしなくもない。そしてこのタイミングでto be continuedはなんだかガッカリする。ところで気の国って空(エア)の国の誤訳じゃないのかしら?
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索