ムーンライズ・キングダム (映画)

POINT:☆ 描き方が面白い。
あらすじ:
ボーイスカウトのキャンプにきたサム(12歳くらい)は、1年前に会っただけの少女スージー(12歳くらい)と駆け落ちの約束うを手紙でしていた。サムはキャンプを抜け出し、スージーと島の草原で落ち合う。
監督:ウェス・アンダーソン キャスト:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン
ムーンライズ・キングダム公式
ウェス・アンダーソンの映画はどれも不思議な雰囲気がある。子供の視点から撮られた作品は数あれど、これほど子供を感じる視点も珍しい。子供視点の映画って普通純粋さやらいたずらっぽさやらを前面に押し出していたりするんだけど、この映画はあくまで子供視線の映画を大人目線で見るという愉快な仕掛けで、子供の純粋さと同時に短慮さや考えのなさなんかもしっかり描いてる部分が面白い。真面目な顔をして本を読む子供はきっと何かを企んでるし、カッコつけて哲学的な事を言ってみるけど、その意味はちっともわかってない、みたいな。他にもドリフのような子ども心溢れる舞台設定やBGMもあり、人々の動きやカラーリングなんかも子供が注目しそうな特徴的な部分だけクローズアップして面白いポーズを浮き立たせているとかの部分もなんだか新鮮だ(映画自体はレトロな雰囲気を受けるが)。ただ映画的に面白いかというと悩まく、この世界観に違和感を抱かなければ面白い映画だと思う。結構アクが強い。普段気にしない何気ない事の新鮮さに気づく作品。でもこだわりが強すぎてちょっと疲れた。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索