借りぐらしのアリエッティ (DVD) 2010年

POINT:- うーん感動はしないかなぁ。
借りぐらしのアリエッティ [DVD]借りぐらしのアリエッティ [DVD]
あらすじ:
ある古い家の地下にアリエッティ一家は住み着いていて、たまに人間の部屋に入って細々としたものを拝借して暮らしていた。しかしその家に人間の少年が病気治療のために引っ越してきた。
監督:米林宏昌
商品詳細を見る

植物やら細々としたものの映像は流石ジブリという素晴らしいし、小さい視点から家の中を探検するというのもwktkするが、ストーリーにいまいち感動がない気がする。翔とアリエッティの間の関係ってなんかよくわかんない異生物間の友情?のようなものがテーマな気もするけど、翔からすると滅び行く可愛い小動物を保護しているだけのような気もするし、アリエッティからしても何かようわからんでかいのが逃がしてくれたっていうだけの関係性にも思えるしなぁ。異生物間(特にアリエッティ側)を埋めるようなエピソードもとりたててないわけだし結局「わかり合えた」とか「通じ合った」感がしない。でもファンタジーってそれが一番重要な気がする。それから言葉狩りしてるだけかもしれないが「借りている」というワードに激しい違和感があるなぁ。相手を動物だと思うなら生活のために持って行ったでも良いと思うんですが、人間として扱うなら下女のいっていた「盗んでいる」っていう方が正当な評価だと思われるし。もともと家を借りるから借り暮らしでモノをとるのは拝借なんじゃないかしら。借りるっていうからには何らかのペイが必要だろうというか、借りパク≒窃盗を正当化するのは子供の教育にもよくないようなうーん・・・。ただまあチマっとしたファンタジーアニメとしてはそんなに悪くはない気もする。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索