キャタピラー (DVD) 2010年

POINT:- ある意味凄いネーミング。
キャタピラー [DVD]キャタピラー [DVD]
あらすじ:
戦争に出かけた黒川久蔵は手足・声帯を失い妻シゲ子の元に戻ってくる。そんな姿になってまでお国の為に尽くした久蔵を村人達は軍神様だと崇めるがその世話は妻のシゲ子の一手にかかっていた。
監督:若松孝二 キャスト:寺島しのぶ、大西信満、河原さぶ、ARATA
商品詳細を見る

芋虫的な状態の旦那が帰ってきてさてどうしよう、という話なんだけど案外平和的に生活を送る。多少困惑はしたりはするけど、軍神様として接したりペット的な扱いをしたり、鬱陶しく扱ったり。その中で秀逸なのは旦那の方が変化していくのだけど、シゲ子は基本的に旦那に無関心なのでこれに気づかないというところが興味深い。妻の認識の中で夫はだんだん人ではなくなっていく。そんな感じである意味ほのぼの(?)感すら感じる話ではあるのですが、せっかくだから周囲の人々の本音(必ずしも全員が敬っていたわけではないだろう)や終戦後の変化等も描かれていると深かった気はする。エロシーンはあるけど別にエロくはないと思う。それから介護にちっとも困ってなさそうなのもなんだか特別感がしない。確かに演技は熱演していた(火を怖がるあたりは秀逸)とは思うのだけど、夫婦ともにもっと色々な感情表現があると面白いと思うのですが、思うにお互いに無関心すぎるんだよな。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索