美女と液体人間 (DVD) 1958年

POINT:- 安っぽくて素敵。
美女と液体人間 [DVD]美女と液体人間 [DVD]
あらすじ:
麻薬密売犯として追われていた男をすんでのところで捕えられるという瞬間、男は服を残して行方不明となる。その場には強い放射能が残される。その頃科学者らは放射能によって蛙が溶ける実験をしていた。
監督:本多猪四郎 キャスト:白川由美、佐原健二、土屋嘉男、平田昭彦
商品詳細を見る

怪奇大作戦系統ですが、チープな特撮ってどうしてこう心が躍るんだろう。子供向けながらもヒュードロドロというときめくBGMやらウルトラマンに出てくるようなチープなコンパネ。明らかに模型な街並みと明らかに塗料で塗った顔の液体。それにしても放射能を浴びると液体人間になるっていうのがサイエンスフィクションだなぁとしみじみ思うけども、よく考えたら恐ろしい。ところで液体人間が緑色なんだけど、こういう怪奇も乗って緑が多いのはなぜなんだろうか。この蛍光的緑がキワモノ感を引き出している。そして思い切ったエンディングもなかなか愉快だったのですが、かっこよく終わったかと考えるとそうでもないというか、ぶっちゃけ全然解決してない気もする。面白いかといわれると理由がないせいかどうもテンポが悪い部分はあるし、今から見ると安っぽいし古臭いのは否めないので、安っぽい作品が好きな人以外はお勧めできない。一番印象に残ったのはアマゾネス風の全然色っぽくないというかむしろ襲われそうな黒歴史っぽさ漂うキャバレーダンスだったりする。美女?なにそれ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

No title

こういう映画ってレンタル屋にないのくまー

No title

そんなB級に俺様は釣られないクマー

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索