やがて復讐という名の雨 (DVD) 2007年

POINT:- 超重厚、悪く言えばひたすら地味で薄暗い。
やがて復讐という名の雨 [DVD]やがて復讐という名の雨 [DVD]
あらすじ:
自分のせいで家族を失った刑事のルイは酔った勢いでバスジャックをする。過去の功績から起訴は免れるが担当していた連続殺人事件から外され端役に追いやられる。同じころ、ルイがかつて逮捕した連続殺人犯が保釈になる可能性があり、被害者の娘ジュスティーヌはルイのもとを訪れる。
監督:オリヴィエ・マルシャル キャスト:ダニエル・オートゥイユ、オリヴィア・ボナミー、フィリップ・ナオン
商品詳細を見る

あるいは裏切り~のわりとわかりやすいテイストと違って超重厚ハードボイルド。飲んだらお前暴れるやろとわかってるのに飲んでしまう遣る瀬無さ。確かに自分から不幸に突っ込んでるふしがなくはないものの、重厚に描かれた人物関係とキャラクターはなかなか魅せる。しかしやっぱり人がゆっくりずぶずぶと泥沼に漬かっていくような話で、激しい展開もアクションも乏しい。ストーリーに華がないというか楽しさがないのでぶっちゃけ重厚な映画が好きでなければ寝るレベルに突入している気がする、というか一緒に見てた人たちは私以外全員寝てしまった。寝てしまう一番の原因は絶望にまみれる主人公達を見つめる映画の視点があくまで第三者だからかも。せめて主人公がなぜこの事件に拘っているかがわかればもう少し親身になれそうなものだが。現在進行の猟奇殺人と過去の猟奇殺人犯の釈放という二律軸はよく考えたら派手になる要素は満載なので、派手な話を期待して見ると重さに派手に撃沈されることは間違いない。りあえず本筋と全然関係ないけど65歳にしては綺麗には同意。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索