フッテージ (映画) 2013年

POINT:- なんだかなぁ。
フッテージ [DVD]フッテージ [DVD]
あらすじ:
作家のエリソンは昔ノンフィクションで一山あてたが、その後人気も下火だった。再度一山あてようと、かつて一家が首吊りをしたという家に家族と一緒に引越してこれをテーマに本を書こうとする。そしてその家の屋根裏には一家首吊りのフィルムが残されていた。
監督:スコット・デリクソン キャスト:イーサン・ホーク、フレッド・ダルトン・トンプソン、ジェームズ・ランソン、ヴィンセント・ドノフリオ
フッテージ公式
商品詳細を見る

事件のあった家に引っ越してきてその事件のノンフィクションを書く!という作品ですが、最後までみてなんだか残念な気分になった一作。途中の演出も何だそれっていうレベル。そもそも冒頭に問題の首吊りフィルムを持ってきているあたり、まあ引き込まれはするのかもしれないが、それにしたって若干説明不足で、最初の方エリソンが何をしているのかさっぱりわからなかった点について。冒頭をはじめ、家にあったフィルム自身は妙なインパクトがあるし、ドアの向こうの何もない暗がりが怖いというような好ましい演出もあったんですが、残念ながらこの映画の怖がらせ方はびっくり系なのでなんだかちぐはぐしている。ギャオーギャオーという叫び声はシュールすぎるし、脅かす音の種類はバリエーションがあったとしても、綺麗な映像でギャオーギャオーじゃ逆にあーあ、っていう感じ。最後の方はあまりの音ホラーぶりに苦笑が出るレベルではある。系統的にはブレアウィッチが好きな人はひょっとしたら好きかもしれない。イーサン・ホークが恐怖におののく映画が見たいならばおすすめである。びびりすぎや。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索