マッド・シティ (gyao) 1997年

POINT:★★★ なんという社会風刺。
マッド・シティ [DVD]マッド・シティ [DVD]
あらすじ:
リストラの危機にあった博物館の警備員のサムは首を免れるために閉館後に館長と話し合おうと思っていた。運の悪い事にその日は遠足の子供が居残っていて、更に運の悪い事にサムが脅しで打った鉄砲が同僚にあたってしまう。そして更に運の悪い事に、たまたま博物館内に居残っていた取材のジャーナリストマックスがその様子をカメラにとっていた。
監督:コスタ=ガヴラス キャスト:ダスティン・ホフマン、ジョン・トラヴォルタ、アラン・アルダ、ミア・カーシュナー、ロバート・プロスキー、ブライス・ダナー
商品詳細を見る

気弱で善良そうなサムや嫌なやつなケビンっていう特徴的なキャラクターをうまく配置して緩急のきいた仕上がりになっている。気弱そうなサムがうまく途中まではクライム映画のような、どこかコメディのようなテンションを維持している。サムの中身が変わらないのに報道の仕方如何でサムを被害者にも悪にも見せられるというのが報道の恐ろしさ。そして進展する報道の過程を描くことで、ラストをある意味さっぱり且つ考え深く印象的なものにしているが、こういう作品をアメリカで作るというのもある意味凄いことだろう、まあ日本じゃ無理だなあ。全体的に構成が秀逸な作品だ。難点をあげるとすると、こういう事件に対して警察が放置しすぎな部分に若干嘘くささがある点だろうか。確かにマスコミによる煽りあいは非常に興味深いんですが、所詮虚業なのでやはり牽制する為或いは威迫する警察組織という対立構造がないと若干ダラダラした印象にならなくもない。それにしてもこういう役をやらせるとトラボルタはうまい(ある意味胡散臭くすらあるが)。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索