ブギーマン (DVD) 2005年

POINT:- ハロウィンとは無関係。
ブギーマン [DVD]ブギーマン [DVD]
あらすじ:
ティムにとって実家はトラウマだった。なぜなら子供の頃、ティムの父親がクローゼットから出てきたブギーマンに殺されたからである。しかし母の死の知らせを受け、トラウマだったその家に戻ることを決意する。
監督:スティーヴン・T・ケイ キャスト:バリー・ワトソン、エミリー・デシャネル、スカイ・マッコール・バートシアク
商品詳細を見る

そもそもブギーマンは欧米では一般的な「押入れお化け」のお話で、そもそも不死身の殺人鬼を期待していたものではなかった。確かに最初のほうの子供の頃のトラウマ的な入りはそんなに悪くはないんですが、ストーリーが進むにつれてどんどん怖くなくなっていくのが難点だ。こういう都市伝説系っていうのはある意味いかに秘めるかが怖さのポイントだと思うんですが、こう後半につれてガオー化物が出たぞーという流れはいかがなものか。どんどんCGは派手になっていくもののむしろ逆効果でしかない。難点はそこだけではなく、そもそも主人公の行動動機がさっぱりわからないし、登場人物がことごとくみんな自己中なのでうざく感じてしまうところも残念だ。中でも彼女のうざさが半端無いし子供を巻き込むなよと思う。でも一番は挙動不審な主人公の自己中さ加減なんだろうなぁ。巻き込まれ感ぱない。ライミっぽい懐かしのカメラワークは所々散見されはしたんだけど、肝心の怖さの方向性について大きく間違っている気がする。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索