徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑 (DVD) 1976年

POINT:- コンセプトのよくわからない一作。
徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑【DVD】徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑【DVD】
あらすじ:
江戸時代の日本では苛烈なキリシタン狩りが行なわれ、残酷な牛裂きの刑が行なわれていた。他1本。
監督:牧口雄二 キャスト:川谷拓三、汐路章、岩尾正隆、木谷邦臣、北村英三
商品詳細を見る

テーマ的には江戸時代にはこんな拷問があった(だが発想的には中国でよく聞くものも多かったが)的なエログロ作品なんですが、そのわりにBGMがパヤパヤしたのどかな雰囲気。確かに画面は案外エログロ(冒頭からそれなりにグロシーン多数)いのに何故こんな音楽を合わせてくるのだろうか。そんなこんなで物語は唐突に前半と後半に別れており、後半はますますほのぼのとした雰囲気の作品になっています。ほのぼのというかラストグロいにはグロいんですが、展開がゆるい。なんというかファラリスの雄牛が狸の置物だとコンセプトが大分違ってくる。こういう日本の古いリアル系(?)のホラーって妙な所をゆるくして恐ろしさを紛らわせるような演出がたまに見られるんですが、ホラーとしてではなくある種のドキュメンタリーとして作っているのだろうか?妙にゆっくりな牛裂きのシーンは恐ろしいものの、その後天国に行くようなシーンをわざわざ入れてあったりする。そういえばナレーションも妙に淡々としているし。音を消して字幕でみるとなかなか恐ろしい作品だとは思う。攻める代官と攻められるキリシタンという構図がセパレートすぎて衝撃的だった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索