容疑者Xの献身 (民放) 2008年

POINT:- 色々エンドに疑問が。
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
あらすじ:
アパートで靖子は娘と二人で暮らしていたが、そこに分かれた夫・慎二が訪れる。再び二人に暴力を振るおうとした慎二を思わず娘が殺してしまう。そして騒ぎを聞いた隣の部屋の住人、石神が二人の家のドアをノックする。
監督:西谷弘 キャスト:福山雅治、柴咲コウ、堤真一、松雪泰子、北村一輝
商品詳細を見る

原作未読。前にもテレビで見た事あるですが、感想書き忘れてたのかもしれない。邦画のサスペンスらしい謎の軽妙さというより人間関係を中心とした話なので、2回目を見るとしたらひょっとしたらイマイチかもしれない、若干登場人物がクドイのでその印象のせいもあるのかも(一直線なのはよいのですが)。話の内容として、Xの献身は凄いし相手の思いはわかるのですが、最終的な結末にちょっと疑問が残る。いい悪いは別として相手はXの献身をある意味ぶち壊してるんではないかというのが気にかかるところです。ただラスト近辺の音楽とストーリーの最後に明るさを持ってきてるのは演出としては素晴らしいとは思う。やはり石神の人間関係がメインで、トリック自体にあまり焦点が置かれなかったことが残念かな(好みが違うともいう)、その辺原作がちょっと気になるところ。それにしても堤真一は随分重たい役がらを好演してた。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索