ナチスが最も恐れた男(GYAO) 2008年

POINT:- 運がいいだけじゃ・・・?
ナチスが最も恐れた男 [DVD]ナチスが最も恐れた男 [DVD]
あらすじ:
戦争から母国ノルウェーに帰還したマックス・マヌスは、ノルウェーがナチスに占領されているのを目の当たりにする。レジスタンスに入り、ナチスと敵対するうちにいつしかマックスの名は有名になっていた。
監督:エスペン・サンドベリ、ヨアヒム・ローニング キャスト:アクセル・へニー、ニコライ・クレーヴェ・ブロック、アグネス・キッテルセン
商品詳細を見る

ナチスが恐れた男というタイトルですが、視点がほとんど主人公目線なのであまりナチスに恐れられた感じではないです。さてマックスがどのくらい強いのかというと、ただ運がいいだけに見える件について。確かにマックスは生き残っているんですが、マックスの行き当たりばったりの作戦に他の人が巻き込まれてマックス以外全滅してるだけな気がする。むしろ仲間が哀れでならない感じ。実話で比較事実に沿って作られたそうなのでいかにマックスが運のいい人間か窺いしれよう。ところで本作でマックスは特殊工作員(テロリスト?)なんですが、MIシリーズみたいな派手さはなく、淡々と(作戦ごとのペースが単調な気がする)無茶な作戦をするという点でやや地味な映画かもしれない。そういえばマックス役はプシェミ似のあんまり戦闘しそうにない風貌の役者さんだったんですが、ラストに実際のマックス他の写真が写っていて、それを見るとやっぱりあんまり戦闘向けでない風貌だったのが印象的だ。ラストにニコっとしたのは気に係るところ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索