七つまでは神のうち (DVD) 2011年

POINT:- 色々と緊張感に欠ける映画だ。
七つまでは神のうち [DVD]七つまでは神のうち [DVD]
あらすじ:
ある7歳の少女が失踪してから10年後、その少女のクラスメートが次々と連れ去られる。
監督:三宅隆太 キャスト:日南響子、飛鳥凛、藤本七海
商品詳細を見る

ホラー映画ではあり得ない逃走設定っていうのはわりとある事なんですが、ここまで場面もありえないしマッタリと危機感がない逃走も珍しい。そもそもこの映画には緊張感というものが決定的に欠けている。役者の演技のマッタリさ加減がパないので、おそらく全てをマッタリさせて見える原因はこれなのかも。ホラーとしてそこが一番の失敗なのかもしれない。そしてストーリーがよくわからない(現在時点の時間も場所も)し展開もいまいち。しかもストーリー展開が残念で、もラストをそれなりにホラーっぽく作ればなんとかなるだろという考えが透けて見えて残念さ倍増。そもそもラスト1/4くらいでこれまで出てこなかった裏設定(しかもありきたり)を出すくらいなら最後まで意味のわからない話にすればいいのに色々と残念だ。音で脅かしたりどうだ怖いだろう、っていうシーンも妙に外してて白ける。そもそも日本人形ってそれだけで不気味さ漂うのになんでわざわざあんな笑える表情に加工してしまうのか、若干センスが疑わしいなぁ、笑えるホラーを狙ってるわけでもないようだし。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索