ガイアナ人民寺院の悲劇 (DVD) 1978年

POINT:- 現人神というシステムを維持するのは大変だな。
ガイアナ人民寺院の悲劇 [DVD]ガイアナ人民寺院の悲劇 [DVD]
あらすじ:
1978年、宗教団体人民寺院は新天地を求めてガイアナに集団移住する。人民寺院は教祖のジョーンズを神とし、ガイアナで楽しい楽園ジョーンズタウンを作って暮らそうとしていた。
監督:ルネ・カルドナ・Jr キャスト:スチュアート・ホイットマン、ジーン・バリー、ジョン・アイアランド
商品詳細を見る

ガイアナ人民寺院というのは集団自殺の様子が映像に残っているという点で希有な事件だ。恐らく今でもネットで探すことが可能かもしれないが、そんな教団の趨勢を描いた映画である。さてこの教団における神はさいとうたかをに出てきそうな濃い顔の神父なんですが、人が神になるのは壮年の頃ならいいが老年になると、いろんな意味でやっぱりパワーがなくなってくるので、代替わりでもない限りシステム的に無茶があるなぁと思った。それにしても信者には禁欲させるのに自分はハーレム作るとかある意味典型的なカルト宗教っぷりを感じる。教団の広報的なものと内部との矛盾もなかなかでかい。ただラストに向かって若干箇条書き的というか流している感じはする。ラストの集団自殺シーンはなかなか衝撃的だったが、日本人だったら粛々と死ぬのかなぁと思った。青酸カリなんて死ぬまで大変なのに。女囚シリーズの番外編になってるのが謎いが。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索