グラス - マリファナvsアメリカの60年 (DVD) 2007年

POINT:- プロパガンダについて。
グラス - マリファナvsアメリカの60年 [DVD]グラス - マリファナvsアメリカの60年 [DVD]
あらすじ:
アメリカではここ60年ほど麻薬が大問題になっている。しかしその理由は年代毎に異なっている。
監督:ロン・マン
商品詳細を見る

麻薬のサイケなイメージに合わせているのか音楽が案外いい、しかし最近作られたにしては作りが古くさい点について(時代を追っていることを勘案しても)。マリファナを禁止する理由って言うのが時代と共に変わってきていて、最初は気が狂うとかラリるとか体に悪いという方向だが、それほど直接体に害がないことがだんだん明らかになっていくと最終的には”悪魔の手に落ちる”というものに。一番衝撃的だったのは”あなたは必ず気がくるってしまう!”っていう奴でした。保守派政権怖い。元々は政府の管理下に置く為にマフィアらの手から取り上げたかったんだろうけど結局メキシコで作ってるからどうやっても入り込んだりはしてしまうし、まあ原産は色々あるけど。個人的にはマリファナ解禁に賛成してるわけではないのですが、流石に悪魔の手にっていうのはなんだかジワジワ来る。作品自体が賛成や反対に特によってるわけではないく、視点としてはマリファナを国としてどう扱ってきたかというあたりが主眼かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索