ディアボロス/悪魔の扉 (gyao) 1997年

POINT:★ 陪審制恐るべし。
ディアボロス [DVD]ディアボロス [DVD]
あらすじ:
フロリダの弁護士ケヴィンは地元のセクハラ事件を逆転無罪に用いた手腕を買われてNYの大手事務所にスカウトされる。ケヴィンの腕は自分の弁護に有利な陪審員を見抜くことに発揮されたが、NYでの生活はケヴィンとその妻を次第に蝕んでいく。
監督:テイラー・ハックフォード キャスト:キアヌ・リーヴス、アル・パチーノ、シャーリーズ・セロン、ジェフリー・ジョーンズ、コニー・ニールセン、クレイグ・T・ネルソン
商品詳細を見る

裁判制度が異なると言えばそのままなんですが、印象で全て決まる陪審制って恐ろしい。そしてストーリーは法廷闘争自体にはあまり関係無く、ケヴィンの生活の中で何が真実なのかわからないあたりがメインテーマである。多くの人物について半分妄想的な描かれ方をしているのが原因だと思うんですが、無理矢理神やら悪魔やらに話を持って行かなくてもいいのになぁ、というのが最終的な感想かも。飛び抜けて光ってたのはアル・パチーノで、ある意味はまってた。もう一方の主人公であるキアヌ・リーヴスですが、本作はやけにエロシーンが多いんだけどキアヌってエロいイメージじゃないから余計印象に残らないんだろうか?ともあれエンディングにはある意味賛否はありそうだが、最近の悪魔感としては悪くないもののちょっとぶっ飛び過ぎかなあと思わなくもない。トーク重視の映画ではあるけれど、どうせならもう少し法廷闘争もみたかったかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索