解任 マイケル・ウッドフォード (本)

POINT:★ 驚異の読みやすさ。
解任 (ハヤカワ・ノンフィクション)解任 (ハヤカワ・ノンフィクション)
あらすじ:
オリンパスのCEOになって速攻解任されたウッドフォードさんの社長就任から解任しばらくまでのお話。
マイケル・ウッドフォード
商品詳細を見る

日本とアメリカの取締役に対する考え方が全く違うのが面白い。日本の取締役っていうのは社員からの続きものなのに、外国だと社員とは全く違うものなんだなぁと。むしろ不祥事が発生したころにいなくても、いったん不祥事が発覚すると取締役の責任になってしまうので必死で暴こうとする。日本だと当然のように隠そうとするのと対照的だ。その辺の事情を神経質な外国人側から映画いていて、どことなくカルチャーショックだった。そして行動の早さも驚異的。さて本書はそんな中でウッドフォードさんの騒動の中で過ごした日常や、家族との暮らしにも焦点をあてており、そんなに専門的な話でない分とても読みやすい作品になっている。オリンパス不正とかプロキシーファイトとかに全く興味がなくても読みやすい本だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索