絡新婦の理 京極夏彦 (本)

POINT:★★ 推理小説として面白い・・・?
文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)
あらすじ:
木場は巷を騒がせている目潰し魔を追ううちに、旧知の知人に行き着く。その頃、呉と渡辺の二人の女学生は、聖ベルナール女学院での悪魔的な儀式の噂を聞く。同じ頃、伊佐間はある漁師の家で不思議な仏像を見て、今川の鑑定を進める。バラバラに見える事件は女郎蜘蛛の一本の糸でつながっている。
京極 夏彦
商品詳細を見る

今回のテーマは家ではあるものの、色々と複雑に伏線が張り巡らされてて推理ものとしては面白い感じ、ただ推理小説として面白いかは別な気がする。冒頭から犯人がなんとなくわかる作品というのはそれなりにあるし、テーマをメインにすえると解ってたほうが面白い気もする。いつも通りトリックを重視してる作品ではないので、後から後から設定が出てくるのが面白いといえば面白い部分であるけど、やっぱり推理物じゃないよねという感じ。この他にもルートがあるかもという感じが面白いけれども鬱陶しい気もする。それにしてもよくこんなうまく構成するなぁという感じ。個人的にはえのきづが活躍してて楽しかったけど、えのきづっぽくない感じでもある。今まで読んだ中で一番映画向きな話な気もするけど、映画になったらまず駄作だろうなぁと思わなくもない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索