忍びの者 (DVD) 1962年

POINT:- 三太夫狭いところ好きすぎ。
忍びの者 [DVD]忍びの者 [DVD]
あらすじ:
戦国時代、伊賀の里の百道三太夫は織田信長の首を討とうとしていた。五右衛門は砦でぼんやりして三太夫の妻に手を出した(仮)が、妻はいつのまにか殺され、三太夫に信長の首を取れば許すと命じられる。五右衛門は他の忍者の協力を得ることもできず、一人で城下に忍び込むのだった。
監督:山本薩夫 キャスト:市川雷蔵、藤村志保、伊藤雄之助、小林勝彦、城健三朗
商品詳細を見る

忍びの世界の締め付けは厳しいなぁと言う映画です。小さい頃からの育て方があるのか、五右衛門も気にせず逃亡すればいいのにまじめに従うなんてと思わなくもない。ただ三太夫の人間離れしたストーカー力とか、敵がどこからでも現れるところとか、忍者だと逃げるにもハードルが高いと思った。ともあれ、忍術といってもガマにのったりドロロンしたりするわけではなく、普通に手裏剣なげたり忍び歩きしたり毒を使ったりと地味な努力をしているあたりは案外好印象かも。キャストの中でも一番目をひいたのがストーカー力の強い三太夫で、この人だけはなんか魔法でも使えそうな雰囲気でもある。忍びの話なのに前述のとおり地味な活動がメインなので、闘うシーンはあんまり印象に残らないのが残念かな。殺陣より走る三太夫のほうが目立つ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索