人喰島 (gyao) 2008年

POINT:- これはちょっと酷いレベル。
あらすじ:
地図にも載っていない島を見つけてクルーザーで漂着するウェイウェイな若者達(デブ過多)!だが一人、また一人と行方不明になっていく。なんとその島には人喰一族が!
監督:ソフィアン・カーン キャスト:スージー・ロレイン、クリス・エイバーズ、テオドール・ブルックス、ビル・ウィーデン
×にならないギリギリのラインを攻めてる一作、お世辞にも人に勧められないレベルである。そもそも人喰い関係無いしタイトルと内容もちょっと違う気がする。そういえば人喰い鮫がちらっと一瞬最初の方にでてきたっけ?どっちかというとホームドラマっぽいというか、内容は何故か恋愛映画だ。ゾンビも解りやすく緑色だし。ところで人喰い(?)一族がドンドコするのはデフォルトなのかなぁ?とりあえず一番の見所はイケメンでないすばでーの原住民だったりする。予想外の展開というよりは誰もが見放した行き当たりばったりというほうがふさわしい。BGMもあまりホラーっぽくない選曲だし、ラストも中途半端で残念だった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索