超人類プルートゥ (gyao) 2007年

POINT:× 監督がドヤってる気がする。
あらすじ:
近未来、人間の能力を強化するチップを脳に埋め込む実験が行われていた。
監督:マイケル・ハリス キャスト:ロバート・ハッチ

色々な意味で酷い。すごい棒の役者、無駄に謎で合ってないBGM、無駄なコマ撮り、手持ちのエフェクトを全部使ってみました的な謎の画面分割。おそらく監督はこれでカッコイイと思って撮ってるのかもしれないが雰囲気が痛すぎる。おそらく大半の人は20分持たないんではなかろうか。ストーリーも穴がありすぎて、チップを埋め込むのに吹き矢ってどうなの馬鹿じゃないの。時系列も今がいつなのかさっぱりわからない。とりあえずなんら盛り上がらないし監督のドヤが酷すぎるので誰にもお勧めしないなぁ。中学生でももっとまともに作りそうである。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索