プラン9・フロム・アウター・スペース (DVD) 1959年

POINT:- もはやエド・ウッドというジャンル。
プラン9・フロム・アウター・スペース 新訳版 [DVD]プラン9・フロム・アウター・スペース 新訳版 [DVD]
あらすじ:
さぁ、我慢比べの始まりだ!あらすじとしては、地球人の戦争をみかねた宇宙人が、戦争を止める為にやってきたらしいぞ!
監督:エドワード・D・ウッド・Jr キャスト:トー・ジョンソン、ヴァンパイラ、ベラ・ルゴシ、クリスウェル
商品詳細を見る

駄作界の金字塔、盆踊りと並ぶ二大巨頭としてこれほど有名な駄作があろうか。特撮は空飛ぶ灰皿レベル(まじで)、演技はルゴシ以外学芸会、何度も流れる同じ映像と5秒毎に逆転する昼夜。地雷と知って覚悟して見れば案外笑えますが(エド・ウッドという妙な先入観のせいだ)、普通に見ると我慢比べですね。展開が早いのにまだ20分しかたってない事に気づくとため息が出ます。まあ色々な作成事情からつぎはぎをしたと考えると頑張ったなぁとは思うんですが、そもそものストーリーも酷いもんなあ。兵器がよくないという主張はわかるんですが、宇宙人の目的もなんだかアレだし。そもそもSFやろうというなら外宇宙は大気の状態が悪いとか、気体を蒸発させて水爆を作るとか、太陽光線を爆発させるとか、せめて理科くらいは勉強してほしかったりはする。大道具的にも普通の部屋だと思ったら実は宇宙船のコックピットのつもりだったり、っていうか普通の家だろこれ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索