GAMER(DVD) 2009年

POINT:- 設定としては悪くはないんだが。
GAMER ゲーマー [DVD]GAMER ゲーマー [DVD]
あらすじ:
近い未来、オンラインを通じて人間の体を操るゲームが流行っていた。実際の死刑囚の体の神経を乗っ取って殺し合いを行うゲームで、ケーブルというキャラが連勝していた。
監督:マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー キャスト:ジェラルド・バトラー、アンバー・ヴァレッタ、マイケル・C・ホール、ローガン・ラーマン、キラ・セジウィック
商品詳細を見る

セカンドライフやFPSを実際の人間でやろうというある意味ありがちだけどもそういえば実際映画でやっているのはあまり見たことがなかったジャンルで、設定やら世界観やらは悪くない。操られている人間のいかにもな表情や、シムピープルのような現実ではお目に係れない謎の色彩の洋服などのこだわりも嫌いじゃない。そもそも現実と現実である仮想現実な世界観と仮想現実風味の映像は面白いのだけど、笑いの入れどころとストーリーの方向性が大きく間違っている。せっかく大きな風呂敷を広げたんだから大きく突っ切るか、せっかくの設定に頼って倫理観なんかを問題にしとけばそれでまとまる気はするんですが、後半になるにつれてなんだか自己満足的なダンスや増えてくるお笑い要素が映画の雰囲気を全部ぶち壊している。お笑いのセンスがなさすぎるんではなかろうか。というところで後半になるにつれてどんどんつまらなくなっていく作品です。なんだかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索