タッカー(CATV) 1988年

POINT:- 弁護士が馬鹿なの?
Tucker/タッカー [DVD] [Import]Tucker/タッカー [DVD] [Import]<
あらすじ:
タッカーは家族経営でこれまでにない革新的な車を作っていた。ところがこれをよく思わないBIG3(巨大自動車企業)は、タッカーを実現できない車を作るために金を集めている詐欺師だと告発してしまう。
監督:フランシス・フォード・コッポラ キャスト:ジェフ・ブリッジス、ジョアン・アレン、フレデリック・フォレスト、マーティン・ランドー、ディーン・ストックウェル
商品詳細を見る

タッカーはある意味カリスマ的な存在ではあるのだけども、なんというか人付き合いができなさそうなタイプというか人間的には難がある感じ。このころの役者って張り付いたような笑い方をする人が散見されるが、それも相まって妙な人物像が出来上がっている気もする。純粋な車バカのタッカーが政治や金持ちの陰謀で陥れられる様を描く映画だけれども、アメリカだから訴訟制度が違うというのもあるとは思いますが弁護士どうなのっていう気持ち。当初から検証とか入れていれば負けなかったと思うし、ひょっとしたら弁護士も買収されてたりするのかしら。訴訟の部分からラストへの盛り上がりはなかなか面白かったのですが、前半部分の車製作状況は実話のせいかちょっとノタノタしていた印象はある。報道陣の姿勢がわかりやすかったが、当時の社会風刺としては面白い作品かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索