狼よさらば (DVD) 1974年

POINT:☆ 絶妙な警察との関係。
狼よさらば [DVD]狼よさらば [DVD]
あらすじ:
設計技師のポールは妻と結婚を間近に控えた娘と暮らしていたが、ポールが不在の時に強盗が家に押し入り、妻は殺され娘も暴行されて病んでしまう。ポールは仕事の付き合いでウェスタンショーを見て一念発起し、家の周りの悪漢を殺し始める。
監督:マイケル・ウィナー キャスト:チャールズ・ブロンソン、ホープ・ラング、ヴィンセント・ガーディニア、スティーヴン・キーツ、ジェフ・ゴールドブラム、クリストファー・ゲスト
商品詳細を見る

ポールは犯人がわからないまま怒りを周辺にいるチンピラに向けて、いつのまにか治安維持に貢献し、警察もポールを取り締まるに取り締まれないという状況。警部の笑い方に含みがあっていい。こういうテーマは今でもあるけれども、ポール自身にカッコよさという価値観を与えていないところも無理に盛り上げていなくていい感じ(逆に盛り上がりは少ないか?)。チンピラが頭悪そうな顔をしてるしカッコ悪いのもいいし、被害者が過度に怖がっているわけでもなく純粋に弱いというのも今から見ると新鮮かも。場面場面の雰囲気を大事にしている作品で、警察署でも関係ない人々の会話を大写しにしたりするし、落ち込んでいるところに幸せそうなCMを流したりなど、心理表現は確かに古風だけれども趣深い。家具や壁紙のデザインもモダンでいい。ただしチンピラ以外も殺してたりするし最後ハッピーでもないような、これでいいのかしらんと思う部分はなくもない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索