悪の教典 (DVD) 2012年

POINT:- 原作が気になる。
悪の教典 DVD スタンダード・エディション悪の教典 DVD スタンダード・エディション
あらすじ:
高校教師の蓮実は人望があり生徒からも慕われていたが、裏ではいろいろと問題があった。文化祭の準備の最中に、蓮実は邪魔になった生徒を自殺に見せかけて殺そうとするが、色々あって蓮実に不都合な自体になる。
監督:三池崇史 キャスト:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、浅香航大
商品詳細を見る

やたら男の上半身がよく出てくるというのが第一印象。さて、原作未読なんですが、原作は貴志祐介という好きな作家さんで、心理描写がなかなか面白い作家さんなのですけれども、この映画では心理描写というよりは目立つ人物を目立つように描いているという意味で派手で劇場型の映画になっている、まあ三池だし。一番悩ましいのが、主人公が頭がいいのか悪いのかよくわからないところ。この辺のよくわからなさは、主人公視点で描かれていないからなんだろうけれども、原作は誰視点で描かれているのか非常に気になるところです。あるいは伊藤英明だから頭悪そうに見えるのか?主人公視点で描かれているのなら青の炎の逆バージョンっぽい話ではあるんですが、映画の印象としてはどっちかというとバトル・ロワイヤルです。人がどんどん死んでいくんですが、そのわりにはテンポが悪い部分が残念な感じ。本来なら心理描写や伏線でカバーされる部分が半裸の男の勢いで流されているからかも。サイコパスよりマッチョのほうが色濃いとは。うーん、少なくとも、サスペンス感はないです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索