古畑任三郎 黒岩博士の恐怖 (CATV) 1999年

POINT:- 脚本三池っぽい。
あらすじ:
肛門からおみくじが発見され、そのおみくじの指し示す方法で死亡している死体が何件も見つかる。捜査本部は連続殺人として捜査していたが・・・。
監督:鈴木雅之 キャスト:田村正和、緒形拳、西村雅彦、石井正則、八嶋智人
「肛門」「おみくじ」だけでなんかトリックがわかって(ピンときて)しまった人は、残念ながらそのトリックが正解です。そもそもタイトルからして犯人がわかっている上に、肝心の黒岩博士が登場するより前にネタはバレバレである。アリバイ崩しもなぜそれでアリバイが崩れるのかはなはだ疑問なレベルで、そもそもミステリーとしてはいまいち。新しく出る謎もすでにバレバレである。ただこのシリーズは古畑任三郎のおかしなキャラクターで売っているので、それはそれでいいような気もする。謎なのははやり、古畑が暴いたアリバイが何故アリバイを暴いたことになるのかよくわからないところかも。登場人物の会話や喫茶店員の使い方など、三池っぽい演出(演出は鈴木雅之だが)がなんだか懐かしい感じ。テレビ放映ものなので、テレビと考えると悪くはない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索