デビル・インサイド 2012年

POINT:- 半端。
デビル・インサイド [DVD]デビル・インサイド [DVD]
あらすじ:
イザベラは映画監督とともにバチカンを訪れた。イザベラの母親は20年前、悪魔払いで3人の神父を殺害したとして逮捕され、バチカンの病院で治療を受けているのだ。イザベラは母に会い、20年前の事件は本当に悪魔の仕業ではなかったのだろうかとの思いを強めた。
監督:ウィリアム・ブレント・ベル キャスト:フェルナンダ・アンドラーデ、サイモン・クォーターマン、エヴァン・ヘルムス
商品詳細を見る

そもそもモキュメンタリーは好きで、しかもホラーなのでジャンルとしては結構好き。カメラアングルが物凄くご都合主義なのもモキュメンタリーっぽくてまあよい。本物のドキュメンタリーならこんなの撮れるわけないだろ、っていう部分もまあモキュメンタリーだしいいや。ドキュメンタリーにしてはやたら演技派なのも、普通のドキュメンタリーであれば写るような雑多なものがちっとも写らないのも、演出が普通の映画なのもまあいい。そんなに期待してない。ただし、終わり方が中途半端すぎる。次に続けるつもりにしても投げっぱなしすぎ。パラノーマル・アクティビティより中途半端。さて、怖いかどうかと言うと役者が役者的な表情で怖い部分はあるんですが、特に怖かったり、神秘を感じたり、演出や悪魔的なもので怖かったりするシーンはありませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索