見知らぬ乗客 (DVD) 1951年

POINT:☆ やな巻き込まれ方。
見知らぬ乗客 [DVD]見知らぬ乗客 [DVD]
あらすじ:
ガイはたまたま列車で同乗したブルーノから、奥さんを殺してあげるので俺の殺して欲しい人を殺して欲しいといわれる。ガイは冗談だと思っていたが、ブルーノは本当に奥さんを殺してしまい、約束だから代わりに殺せと迫ってくる。
監督:アルフレッド・ヒッチコック キャスト:ファーリー・グレンジャー、ルース・ローマン、ロバート・ウォーカー、パトリシア・ヒッチコック
商品詳細を見る

ガイの巻き込まれっぷりは見ていてつらいものがある。実際ガイは冗談だと思って適当なお返事をした結果、ブルーノにどんどん追い詰められていくのだからたまったものではない。状況証拠も勝手に積み上がっていく。主人公の心配も実にもっともで、これを知ってか知らずか(おそらく気にもしていないんだろうけど)ブルーノはある意味悪気なく(当然のように)ガイに殺人を迫る。この映画の面白いところはブルーノがぱっと見普通の人というところで、こういう会話って実は誰でも(?)日常的に行う可能性があるところが怖いところ。最初から明らかにおかしな人だとガイも警戒しただろうし、実際の巻き込まれ事件ってのは本当にこういう些細なきっかけでおこるんだろうなぁと思うとなにやら恐ろしい。交換殺人といっても推理もの的なおもしろさは皆無で、というか直球すぎるのでどちらかというとサイコもの。ヒッチコックならではのカメラや演出は面白かったけど、ブルーノが一見してそこまで異常でないせいか、それほど印象に残る作品ではないかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索