ルイスと未来泥棒 (DVD) 2007年

POINT:- 悪役かわいそす。
ルイスと未来泥棒 [DVD]ルイスと未来泥棒 [DVD]
あらすじ:
ルイスは発明大好き少年で、毎日よくわからない発明品を発明していた。ある日未来警察と名乗る少年が現れ、ルイスにルイスの発明品が狙われているので気をつけろと告げる。
監督:スティーヴン・J・アンダーソン
商品詳細を見る

悪役をあまり悪く描かないという最近の風潮はさておいても、ここまで悪役に同情したのは初めてかも知れない。とにかく色々と可哀相で、大人ほど共感を呼ぶ悪役のような気もする。最後はハッピーエンドにはなるが、結果論じゃないかという疑念がぬぐえない点について。さて、ストーリーについてはやっつけとは言わないけれども、本筋とは関係ない話の展開が多い、というか多すぎてテンポが悪い。比較的にうまく伏線を回収はしているとは思うのですが、ここまで多いと本筋がよくわからなくなるレベルではあった。主人公のルイスが発明を始めると何も目に入らないという設定はいいとは思うんですが、程度問題だろうとも思う。やっぱり悪役が可哀相です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索