アラン-阿娘- (DVD) 2006年

POINT:★ 韓国映画の幽霊の存在感は結構すき。
アラン-阿娘- [DVD]アラン-阿娘- [DVD]
あらすじ:
連続殺人事件が起きるが、被害者のPCにある少女のHPへのリンクが残されていた。捜査を進めるうちに、被害者は少女と接点があることがわかり、ある医師が捜査線上に上った。そういえば、女子高生の間で倉庫に幽霊が出るといううわさがあります。
監督:アン・サンフン キャスト:ソン・ユナ、イ・ドンウク、イ・ジョンス
商品詳細を見る

韓国映画の幽霊ってずいぶん肉感的なのが特徴で、日本のイメージより随分物質的な存在な気がする。そして韓国ホラーによくある演出ではあるんですが、怖がる登場人物に対峙する幽霊をその背後(後姿込み)で撮るというのは、幽霊を半透明とか見えないものという前提でとらえてる日本の幽霊観と随分違っていてなかなか面白い。怖がってる人の表情やリアクションから、幽霊はよっぽど怖い顔をしてるんだなあという不思議な感想。でもこういう演出自体は結構怖いのに何故たいして怖くもない幽霊の正面を撮ってしまうのか、残念でならない。韓国映画ってやっぱ表現がオーバーなのかも。風呂場で髪の毛という演出もよくあるんだけど、増えるわかめのようにわさわさと増えすぎてなんだか笑える。ストーリーは方向性がちょっと予想外だったかも。そういえば韓国映画ではファンタジーとハードボイルドが同居したりするんだよなー。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索