ガス人間第一号 (DVD) 1960年

POINT:☆ 大変シュールである。
ガス人間第1号 【期間限定プライス版】 [DVD]ガス人間第1号 【期間限定プライス版】 [DVD]
あらすじ:
不可解な連続銀行強盗が起こり、水野と名乗る男が自分が犯人だといって出頭した。水野は自分は実験でガス人間にされたと言い、忽然とガスになって立ち(?)去った。
監督:本多猪四郎、円谷英二 キャスト:三橋達也、土屋嘉男、八千草薫、佐多契子、松村達雄
商品詳細を見る

内容はタイトルで落ちててそれ以上でもそれ以下でもない感じ。出落ちどころかタイトル落ちすぎる。ただまあ見た映画の落ちとして「ガス人間だった」では観客も怒りそうなので、これはこれでいいかも。この時代のSF特撮は発想が単純すぎてとても好き。昔の映画は夢があったなあと思うし、こういうわかりやすいSF(?)ものがもう作られないとすると、とても残念である。さて、ストーリー本体ですが、ジャンルは純愛ものなのか、なんなのかさっぱりわからない。そもそもは銀行強盗な刑事物な話だったような気もするし、さらにこれがガス人間とかSFなのでカオスな感じ。純愛物なら純愛物でいいし、刑事SFならそれでもいいような気がするものの、それが混ざってしまって「ガス人間」という響きが混ざるので愉快な感じになってしまうのだ。始めに「ガス人間」を思いついて色々追加してたらこうなっちゃったのかなぁ。色々な意味でタイトルのインパクトが強すぎる。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索