声をかくす人 (DVD) 2011年

POINT:- タイトルが微妙。

あらすじ:
リンカーン大統領が暗殺された。暗殺者がアジトに使っていた宿の経営者であるメアリー・サラットは共犯者として逮捕される。メアリーが暗殺にかかわっていたとは思われないが、実行犯の一人であるメアリーの息子の足取りがつかめなくなっており、ただ一人捕まったメアリーに死刑執行が迫っていた。
監督:ロバート・レッドフォード キャスト:ジェームズ・マカヴォイ、ロビン・ライト、ケヴィン・クライン、エヴァン・レイチェル・ウッド、ダニー・ヒューストン、ジャスティン・ロング、アレクシス・ブレデル


アメリカではじめて死刑執行された女性を扱った作品で、実話。メアリーが無実であるようには描かれてはいるものの、無実かどうかは作中でははっきりはしない。実際に無実かどうかというより、大統領を失った後始末をつけなければならなかったとする当時の情勢から、冤罪でもよいという前提で裁判(軍法会議)が進んでいく。こういった構図は重厚で面白いのだけれども、メアリー自身は反論等はしないので、法廷闘争としてもあまり派手な映画ではない。むしろ望んで引き受けた仕事ではなく、さらにメアリーすらもある意味協力的ではないまま、メアリーの意思に反する可能性もあるのに正義を求めて弁護をしていくエイキンの姿が一番捻じれている。正義とは何か、という大きな問題以上に、被疑者の意思に反するようなそうでないような、という点がなんとも難しい映画です。こういうときってどうしたらいいのかな。とりあえず邦題はもっと関連するタイトルにすればいいのではないだろうか。

声をかくす人 [ ジェームズ・マカヴォイ ]

声をかくす人 [ ジェームズ・マカヴォイ ]
価格:3,114円(税込、送料込)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索