監獄島 (DVD) 2007年

POINT:よくある系。

あらすじ:
テレビのプロデューサーによってある孤島に10人の死刑囚が集められた。最後の一人になれば釈放されるらしい。
監督:スコット・ワイパー キャスト:スティーヴ・オースティン、ヴィニー・ジョーンズ


Btoomとかそれ系の話を適当に焼き直した感じで、あまり面白味がない。10人の人殺しが島に集められるのですが、ガテンとか拳法とかお色気とかキャラの配分はあるにしても、それぞれがあまりキャラとして立っていないので残念だし、肝心の10人の背景事情なんかもあまり描かれていない。なので、なんだか協調している部分がなれ合いに感じる。何を考えてそういう行動をしているのかというのが全く見えないと、こういうシチュエーションものは残念な気がする。そもそも仕掛け人に根性がないのが一番面白くない部分で、覚悟が全くたりません。ルールを設定したなら壊すと面白くなくなるだけだし、約束したお金は払わないと。それを差っ引いても全体的にあまりスリルがないし、何がメインになってるのかよくわからない部分も残念である。

監獄島 【DVD】

監獄島 【DVD】
価格:3,570円(税込、送料別)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索