シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ DVD (2012年)

POINT:★☆ ほっこりした。

あらすじ:
自称天才料理人のジャッキーは行く先々でもめて安定した生活を求めて老人ホームでペンキ塗りの職に就くが、そこでスランプ中の三つ星シェフのアレクサンドルに出会い、助手になる。
監督:ダニエル・コーエン キャスト:ミカエル・ユーン、ジャン・レノ、ラファエル・アゴゲ、サロメ・ステヴナン


ジャン・レノがおかしな友人とじゃれ合う系のコメディでよくあるパターンではあるものの、ほっこり面白い。スランプのアレクサンドルが起死回生のためにジャッキーを助手にするのですが、分子料理とか新しすぎるだろって感じ。青い食材ってやっぱりビジュアル的にみるとあんまり美味しそうには見えないのですが、新たな味の新境地(というか分子料理って味じゃないような気もする)で分子料理までいってしまうと、そもそも主眼が美味しいかどうかっていうのとずれてくるよね。一度食べてみたいけど、分子料理って食べた時の驚きがポイントのような気もするので、映像でみても何ともいえないところ。さて、分子料理とかは出てくるものの、あんまりグルメぶった感じでもなく、コメディを全面に押した作品で、見てて面白いです。相変わらず真面目なジャン・レノが変な奴に引っかき回されるのは面白いし、ジャン・レノってアクション大作よりこういったぱっとしないキャラの方が面白いと思うの。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索