メリダとおそろしの森 DVD (2012年)

POINT: 恐ろしいかな?

あらすじ:
王女のメリダは結婚をいやがってお見合いをぶちこわし森に逃げ、母親の考えを変えて欲しいと魔女にお願いするが、魔女は母親を熊に変えてしまうのだった。
監督:フマーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン


CGなのに画面に広がりを感じる作品。結構遠くの風景まで画面に納めているせいか、あまりアニメっぽい雰囲気がない。遠くまでピントを合わせていて、随分と広々と感じる。水しぶきや濡れた服の質感も素晴らしく、CGとしては色々面白いけれども、とりたてて面白い展開というのもない。普通。基本的にメリダはナチュラルに子どもの嫌なところを持ち合わせているので、子どもに夢を持っている人は嫌な気分になるかもしれない。かといって共感できるかというとなかなか悩ましいところでもある。ああ、子どもってこうだよなとは思う。最後の方は画面が暗いのは難点な気はする。

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

『メリダとおそろしの森』

『メリダとおそろしの森』 ピクサー映画ということで観てみましたが、 途中から飛ばし飛ばしの視聴となってしまいました。 なんだか、ものすごく間延びした作品のような気がして・・・。 とある王国では、王の下に3人の領主が。 結婚適齢期が迫ってきた王女のために、各領主の長男が名乗りを上げる。 しかし、おてんばな王女は結婚する気などサラサラなく、 あるべき王妃の姿に縛り付けようと...

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索