ゾンビ特急“地獄行” DVD (1972年)

POINT:- ゾンビ?なにそれ。

あらすじ:
満州で凍り付けの怪物が見つかったので、大陸横断鉄道でヨーロッパに運んでいたが、その途中で何人もの死人が出た。
監督:エウヘニオ・マルティン キャスト:クリストファー・リー、ピーター・カッシング、テリー・サヴァラス、アルベルト・デ・メンドーザ


タイトルは完全なミスリーディングで、怪物は出てくるけどいわゆるゾンビはちっとも出てこない。そもそも原題はホラーエクスプレスだもんなあ。ゾンビなんて待っても待っても出てきません。色々とトンデモな映画で、脳に皺がないから記憶が奪われたとか突飛すぎる。科学的考察何それおいしいの。悪魔の存在感(物理的な)も溢れている。全体的にそれなりに緊迫感はあったけれども、基本的にイギリス人的なゆったりさというか、和む部分も多い。そもそも怖がらせる効果音が日本のホラー映画と同じようなピロピロとした音で、当時はともかく現在見るとちっとも怖くはない作品でした。色々と登場人物の発想が奇妙ではあった。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索