13日の金曜日PART8/ジェイソンN.Y.へ (DVD) 1989年

POINT:- 王子様ではない。

あらすじ:
ティナはパート7でジェイソンを倒して平和に暮らしていた。N.Yへ卒業旅行に行くことになり楽しみにしていたが、おりしも湖に沈んでいたジェイソン(死体)が電気ケーブルに感電して蘇ります。・・・蛙なん?
監督:ロブ・ヘデン キャスト:ケイン・ホッダー、ケリー・フー、ケン・カージンガー


NY「へ」の「へ」がポイントで、結局NYに行くまで至るのは最後の最後で、正確に言うとジェイソン船に乗る、だろうか。N.Yっぽいのはヒロインの髪型位かも。無差別じゃないところもなんか残念で、エロシーンがないので画竜点睛を欠く?本作は死体のジェイソンと殺人鬼のジェイソンが別々に描かれているという点ではちょっと異色な作品。異色といえばジェイソンはアジア人ぽい風貌をしているし、ちょっと小振りである。カメラで画面を広く撮っているのもあって、どうもジェイソンが小さい感じであんまり怖くないのが残念かも。ジェイソンって登場してから襲うまで妙(無駄)なタメがある、のは従来のジェイソンと同様でジェイソンぽいっちゃジェイソンぽいんですが、どうも締まらない。そして全体的に長い。しまりなくダラダラ追いかけっこしているような感じ。シリーズの中で、極端につまらないわけではないけれども、いまいち印象が薄い作品。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近のコメント

データ取得中...

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

プロフィール

zipna

  • Author:zipna
  • 好:特撮・スプラタ・サイコ・アメコミ・サスペンス・ホラー
    2015年から4日に1回UPに変更。

ブログ内検索